夏が過ぎ かぜあざみ

たまには仕事の話を。
某時計屋チェーンで勤務、接客販売の他に簡単なメンテナンス(電池交換、サイズ調整等)をしております。
本日、珍しい時計が電池交換で持ち込まれたので、思わず撮影。
機械式(手巻き、自動巻きなどのゼンマイ式)とクウォーツ式(電池式)の中間のような、変わったムーヴ(中の機械)が入っています。

テンプ式電子時計という物で、1960~70年代、機械式からクウォーツへの過渡期に作られた、今ではなかなかお目にかかれないモデルだそうです。

時計本体いっぱいに、複雑な機械が詰まっているのがお分かりになりますでしょうか?
この時計に限らず、古い時計のムーヴには、このように手の込んだ見た目にも美しい物が多く、当時の技術者さんたちが心を込めて開発、製造されていたのがよく分かります。
この辺は当時のバイク、楽器、ステレオなんかと同じですね。


因みにこの時計、ご年配の女性が持ってこられた物で、残念ながら電池を入れても動かず。
それでも、「主人の形見なので、大事にします」と持って帰られました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 時計にも
全て歴史があるんですー。 すごいなぁ。 昔の人はもっと複雑なものを動かしていたんですね(・ω・)/
よだ 2007/06/24(Sun)01:06:48 編集
» 無題
そう言う時計を修理できる技術者が少なくなっているのですね。技術を持っている人のリストはないのでしょうか。
Hiroyoshi Doi 2007/06/24(Sun)03:49:50 編集
» 無題
>よだ
今の時計の機械はちっちゃくて、何だか味気ない物が多い。興味持ちだすとなかなか面白いぜよ。
>ひろよしさん
こういう時計はもはやメーカーでも修理を受付てくれなくて。個人でやってるような小さなお店をあたるしかないようです。
管理人 2007/06/24(Sun)20:48:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
10月生まれ
年齢:
40
性別:
男性
誕生日:
1977/10/14
職業:
販売
趣味:
音楽、バイク、キャンプとか
自己紹介:
大阪府在住
愛車:カワサキW650(2代目)
最新コメント
[08/30 y-doi]
[08/15 woqzowowrs]
[08/15 zgonsqieay]
[08/14 dgfsxugunm]
[06/05 管理人]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター

Copyright © [ 10月生まれ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks :
Commercial message :